松江の文化情報
宍道湖の夕日
白鳥
松江市観光文化課文化係内 松江市末次町86 TEL 0852-26-1157 FAX 0852-55-5634
松 江 市 文 化 協 会
郷土文化部門
郷土芸能文化
郷土芸能文化
松江の文化情報ホームへ
郷土芸能文化:ホーランエンヤ櫂伝馬五大地関係団体    
花・女の子
紹介
 “ホーランエンヤ”の名で親しまれている「城山稲荷神社式年神幸祭」。松江松平藩の初代藩主、松平直政公が出雲に入国して10年目に国内が大凶作の危機にみまわれ、城山稲荷神社の御神霊を阿太加夜(あだかや)神社にお運びし、五穀豊穣などを祈ったのが始まりです。
 ホーランエンヤは日本三大船神事の一つとも言われ、五地区から繰り出す櫂伝馬船(かいてんません)を先頭に、神楽船・神輿船・供船などの船行列が延々と1kmにわたって宍道湖、大橋川、中海を彩ります。歌舞伎風の衣装で着飾った踊り子や櫂漕ぎの若い衆が唄い踊る櫂伝馬船はこの祭り最大の呼び物で、色とりどりの旗、幟をなびかせ、豪華な時代絵巻となって見る人々を魅了します。
豆知識
松江市指定文化財「櫂伝馬踊り」

「剣櫂踊り」
船の舳先で、歌舞伎衣装(紋服もある)の若者が、「ホーランエンヤ」の漕ぎ音頭に合わせ、木製の剣櫂を持って勇壮に踊る。

「采振り」
女装で、船の艫の樽の上で、身体をくねらせて踊る。昔の曲相撲の名残との説もある。

「櫂伝馬船」
甲板の無い和船で、中央に擬宝珠柱を立て、飾りつけ、14〜16本の櫂で、ホーランエンヤの音頭で操船する。
連絡先
@伝承ホーランエンヤ馬潟櫂伝馬保存会
A伝承ホーランエンヤ矢田保存会
B伝承大井ホーランエンヤ保存会
C福富ホーランエンヤ保存会
D大海崎伝承ホーランエンヤ保存会

郷土芸能文化:八重垣神社身隠し神事 代表:佐草 敏邦 会員数:20名
花・女の子
紹介
 身隠し神事とは、オロチの難を避けるため、5月3日に稲田姫命が奥の院佐久佐女の森の大杉に隠れ、12月15日に本殿に還御される神幸神事です。
豆知識
 八重垣神社は、出雲に天下ったスサノオがイナタヒメとの新居をここに設けたという伝説の宮です。奥の院、佐久佐女の森には、鏡の池や夫婦杉があり、閑静な森に観光客の姿が散見される伝説の地です。
連絡先
代表:佐草敏邦 松江市佐草町277 TEL21−1148

郷土芸能文化:松江市鼕行列保存会 代表:石原 幸雄  
紹介

◆松江祭鼕行列とは
伝統行事松江祭鼕行列は、毎年10月の第3日曜日に「松江神社」{祭神・徳川家康・堀尾吉晴・松平直政(家康の孫)松平治郷(不昧)}の例大祭、松江開府を祝う祭りです。
◆鼕行列とは
「鼕行列」は、鉄の車輪のついた屋根付き山車屋台に四尺(1.2m)〜六尺(1.8m)の鼕(どう)と呼ばれている太鼓を、2台3台据えて笛・チャンガラの囃しに合わせて打ち鳴らし、子供達数十人が綱を引き十数台で行列をする祭りです。
◆松江市鼕行列保存会とは
松江市鼕行列保存会は「鼕」を保有している市内30町内と2団体で構成している組織で、毎年10月に「松江祭」松江開府を祝う祭りに交代で、鼕屋台を出してお祝いをしている会です。
松江市鼕行列保存会が結成されたのは、昭和34年松江市制70周年を祝って市内の鼕が盛大に練りあるいたのをきっかけに、翌年35年に「松江市鼕宮保存会」として結成され現在に至っています。





  印刷用紹介ページ

豆知識
◆鼕行列の歴史
松江の鼕行列の歴史は、平安時代京都で行われていた「左義長」(さぎちょう)という正月行事がもともとで、それが地方地方に伝わり出雲(松江)地方に正月の歳神行事「とんど行事」として行われていました。
慶長12年(1607年)堀尾吉晴公により松江は開府されてから、城下の町方で正月、歳神様を祭る「とんど行事」に合わせて「どう」と呼ぶ太鼓を打ち鳴らし笛・チャンガラで囃したてていたようです。
松平初代直政公が入府してからは、正月十四日・十五日に、武家の馬備えの行事に合わせて、盛大に行われていた。
松平七代藩主不昧公時代につくられた、歳徳神の宮(神輿・みこし)が、伝わり保存され正月のとんど行事に合わせて、町方では歳徳神の宮をまつる、組み立て式宮宿が建てられ、祝謡「若松」を謡い宮練り、鼕・笛・チャンガラで囃し立て、盛大に祭りが行われていた。
明治時代になり、2月11日の紀元節・11月3日の天長節と、慶祝の日に合わせて宮・鼕を出して祝っていた。
大正4年(1915年)大正天皇の御大典のおり、各町が鼕の大きさを競い合って造り、また鉄の車輪をつけた屋根付き屋台を造り、数十町内が行列をして祭りをしたのが、今日の行列の始まりです。
昭和となり11月3日に松江の開府を祝う「松江祭」として行われ、平成18年より10月の第3日曜日に開催することになりました。松江の町々には、数多くの歳徳神の宮、大宮・中宮・小宮(亥の子宮・いのこみや)が、伝わり保存されています。

鼕行列の歴史については、松江市鼕行列保存会発刊「松江の鼕」(1000円)に載っています。
保存会事務局・松江観光協会(0852-27-5843)へお問い合わせください。
連絡先
石原幸雄 松江市北堀町215 石原建築設計事務所 荒布屋
TEL22−0511

郷土芸能文化:正調関乃五本松節保存会 代表:鷦鷯 修一 会員数: 166名
(H30.6.23現在)
少女
紹介
えびす様を祀る美保神社が鎮座する美保関は、かつて山陰第一の要港をして古代より栄えてきた。江戸時代になり北前船の往来により、一層の繁栄をみせ、参詣人、旅人、船頭相手の紅灯弦歌で大いに賑わった。この美保関の花街で酒席の騒ぎ唄として謡われたのが「関乃五本松節」である。
長い航路を経て美保関に入港する船人達は、海上に島根半島の影が現れると、小高い山に聳え立つ五本の黒松を目当てにしたという。しかし、今から数百年前の江戸時代、松江藩主が美保関へ通じる松江街道を通行の折、道が狭いのと眺望の妨げになるとの理由から、街道にかかって生える五本の松のうち一本を藩主の為にと家来が勝手に伐ってしまった。船人達は表立った抗議もならず、そのやり場のない気持ちが歌詞となり、そこはかとなく歌われるようになったのが「関乃五本松節」である。
活動
(定期練習会)毎月10日、20日 20:00〜22:00
(優勝大会)毎年10月第2月曜日
(美保神社奉納唄い初め式)毎年1月11日
連絡先
事務局長 住吉 裕 TEL 0852-73-9001(松江観光協会美保関町支部内)

伝統芸能文化:亀尾神能保存会 代表:井上 春雄 会員数:15名
花・女の子
紹介
 国指定無形文化財「佐陀神能」の流れを汲む神楽で、持田神社の氏子に伝えられたものを有志が受け継いでいます。佐陀神能は県下の神楽に大きな影響を与えた神楽ですが、能楽式で難しく、石見神楽のような派手さはありません。
活動
各神社での奉納神楽
 七座神事
 式三番(祝祭礼の場合)
 神能 
連絡先
代表.井上春雄 松江市西持田町890−6 TEL26−4556

伝統芸能文化:高祖寺奥の院大日堂御頭
       行事保存会
代表:加藤幸夫 会員数:19名
花・女の子
紹介
 仏教の修正会に起源を発した行事といわれています。島根半島各地には今も農耕信仰の名残として神社・お寺で大きな餅を供える行事がありますが、これほど大きいのはありません。1週間前の独自の勇壮な餅つきも見ものです。
豆知識
大餅さん
 2月第1日曜日、大日堂から直径80p重さ130sの鏡餅を上半身裸の若者が走って担ぎ下ろす行事。松江市無形文化財指定。
連絡先
代表.加藤幸夫 TEL88−2665

伝統芸能文化:平濱八幡宮トーレトーレ御神事 代表:青木 義興 会員数:10名
花・女の子
紹介

 松江では珍しい子供の獅子行列。重臣武内宿祢命の祭りは8月31日(武内神社祭)。山陰屈指の夏祭りで早朝から深夜まで賑わい、9月1日午前4時、古例渡御式(これいとぎょしき)で終わります。以後接待の準備を整え、9月15日午後4時、御旅所で平濱八幡宮の三基の御神輿(おみこし)の神幸を迎えられます。

活動
トーレトーレ:通れ通れ
 9月15日例大祭当日、神域に立ち入る人を獅子頭で清め、通行許可を与えた神事の名残です。9月11日獅子小屋祭りを行い神幸コースを清め、例祭当日にも神域を清めます。神幸式には行列に加わります。
連絡先
代表.青木義興 松江市八幡町303 TEL37−0435

伝統芸能文化:魚瀬左吉兆とんど行事 代表:村松 繁 会員数:60名
花・女の子
紹介
 伝承されている数少ないとんど。大きな真竹の神木を掘る『竹迎え』、『鯛造り』や、巨大な『神木』を海岸に建て、舟形みこしに恵比寿・大黒を乗せ、家々を祝って周る『宮練り』(はやし前日)、夜明けに行なう『とんど焼き』など。2組あり。
活動
鯛造り   :1月3日。3mの張子、 扇その他の飾りも作成。
とんど建て :1月 第2日曜日
とんどはやし:1月 第2月曜日
連絡先
代表.村松繁 松江市魚瀬町1192 TEL88−2747

伝統芸能文化:佐陀神能保存会 代表:石橋 淳一 会員数:
花・女の子
紹介

佐陀神能保存会
(写真提供 加島美知)

 佐陀神能は島根県松江市鎮座の佐太神社御座替祭に演舞する七座神事・式三番・神能から成る神事舞の総称。慶長年間に現在の形式に整えられたとされ、各地の里神楽に影響を与えた。
●活動会場 佐太神社他

沿革
昭和36年6月に島根県無形民俗文化財に指定
昭和51年5月 国の重要無形民俗文化財に指定
平成23年11月 ユネスコ無形文化遺産リストに登録
連絡先
事務局 0852-82-0668(佐太神社社務所内)
メール:info@sadajinjya.jp URL:http://sadajinjya.jp/(佐太神社ホームページ)

郷土研究:松江藩の文化を愛する会 代表:長野  忠 会員数:18名
花・女の子
紹介

 松江市文化協会様はじめ、多くの皆様の御力添えにより、平成14年からの念願でありました、松江城鉄炮隊が誕生しました。4月3日松江城築城400年の武者行列の行進のスタートを彦根藩鉄炮隊と共に、何でも鑑定団の澤田平先生の指導で藤岡大拙松江城を国宝にする会の会長の陣頭指揮の下、岩国藩鉄炮隊員新田悦子射手の応援を得て、立脇通也隊長以下5名の射手で演武に成功デビュー致しました。
 堀尾公から京極家・松平家と雲州藩の炮術は全国にその名を知られていました。今回その炮術をよみがえらせた事に、大きな誇りと自信を持ちました。
 今後も皆様のご協力を戴き、松江市の観光のお役に立てるよう、立脇隊長はじめ隊員一同訓練を重ねて参ります。

活動
@市民文化祭参加
A展示会
連絡先
事務局.本間順一 松江市苧町1−36 TEL25−5779

郷土研究:むらくも笛友会 代表:内藤 康雄 会員数:22名
花・女の子
紹介

 昭和55年7月に発足し、旧松江・八束地方に伝わるお神楽(どう、太鼓、笛、手拍子によるお囃子)の中で、特に笛の音色を伝承していこうと結成された会であります。
  この地方では、神社で奏でられますお囃子のことを“おかぐら(お神楽)”と呼んでいます。このお神楽は、各神社のお祭りを主として演奏されています。
 隣接する雲南地方等にも同じ曲名のお神楽がございますが、微妙に異なり旧松江・八束独特な雰囲気・音色があります。
 お神楽の笛は微妙な指づかいで構成されており、楽譜にするのは困難とされております。
 したがって、伝承は師匠の奏でる音を耳でよく聴き、指づかいを目でよく見て、そして自分で曲が口ずさめるようになるまで、笛を手にしながら繰り返し練習することによってのみ会得できるものです。
 先人たちの思い・努力が報われるよう、難しいがゆえに“伝承”にこだわり続けるむらくも笛友会です。

活動
練習は毎年、初めは佐太神社で行ない、次回からは松江市内及び八束郡内の神社で計数回行っています。
連絡先
事務局.井上春雄 松江市西持田町890−6 TEL26−4556

郷土研究:東出雲町ふるさと発見実行委員会 代表: 会員数: 名
花・女の子
紹介

 

活動
 
連絡先
 

郷土研究:東出雲の歴史・史跡を探索する会(通称 は・ひ・ふの会) 会長:石原 久次 会員数:16名
は・ひ・ふの会
紹介

町内の歴史人物、史跡を研究し、東出雲の新たな発見をすることを目的としています。
平成17年度に活動を開始し、年間に4〜6回の研修会を行っています。多くの方に参加していただき、歴史・史跡を正しく理解していただき、伝承していくことが大切と、県外にも出かけ、研修を重ねています。
又、地元でのガイドの養成も行っています。

活動
・史跡見学、調査
 (H22年度 山中鹿之助(鳥取、岡山)、H23年度 イザナギ、イザナミ(淡路島))
・定期講座の開催
・ガイドマップの作成
 (H23年度 まちあるきマップ作成)
・ボランティアガイドの派遣
連絡先
樫原孝尚 松江市東出雲町揖屋2512-4 TEL 52-5864